忍者ブログ
木々の色に染まり風を切り疾走する快感!自転車を通して交遊を深め人生・健康を楽しみませんか?多くの皆さんの参加をお待ちしています。主役は貴方です! Team Cycle 86 is a group of cyclists who enjoy getting together and taking in the sights and fresh air while cycling. We have many members of all levels. Why not meet some great people and challenge yourself and join us on our tours?
[112]  [111]  [110]  [109]  [108]  [107]  [106]  [105]  [104]  [103]  [102
(村) 5:22分 (村稀さんから) 少し雨が降ってますが如何なさいますか?

(イノ) 5:31分 私からお願いするときはよく雨が降りますねぇ。雨の日は乗っ
   たことありませんのでわかりません。でも乗ってみたい気がします。

(村) 5:34分 曇りのち晴れの予報。決定はお任せします。

(イノ) 5:37分 行きます。雨対策は?何かありますか?

(村) 5:40分 特に対策なし、タオルを持っていくくらい?
   了解しました。これから飯食べます。

(イノ) 5:42分 OK

 と言うことで、6:30分六本松駅前で待ち合わせ。本日は、篠栗町の米の山。どこか知りませんが・・・篠栗町まであっと言う間。のどかな田園風景。麓からあの山と言われてもピンと来ませんが、うぅ~ん高いのはわかります。


 二人で林道をエッチラ!エッチラ!ペチャクチャしゃべりながら、ペダルを漕ぎ漕ぎなんとか辿り着いたのは「奥の院」。そこでお参りをし頂上をめざします。


 村稀さんいわく激坂。距離はないけど本当に激坂!濡れた路面にタイヤがスリップするのがわかります。前の村稀さん、同じくスリップ。厳しそうです。後で聞くと倒れるか?たどり着くか?の瀬戸際だったそうです。


 私はと言いますと、足で漕ぐと言うより肩で漕ぐ、肩を左右に振りながら前に出す、そんな感じで登りきりました。何よりも曇天の天候に恵まれたのが一番ですが、一度も足を着かずに頂上まで上り、大きな自信となりました。


 頂上は霧に包まれておりましたが、やがて姿を現した大パノラマ!!!

      

 帰りには、若杉山の山腹の「わらび野」でお茶。私はコーヒーフロート(私が撮った唯一の写真!村稀さんすんません!写真は苦手です)、村稀さんはリンゴの?少し味見をさせて頂きましたが絶品でした。皆様も是非行かれてはどうでしょうか。

 その後はGOGO気持ち良く飛ばします。途中、村稀さんから『お昼は?』 天ぷらを二人でがっつり食って家路に。本日もありがとうございました。いつものことですが、これからもよろしくお願いします。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
凄い進化に脱帽!
Dandinoさん、コソ錬してるでしょう (^^ゞ
最後のあの連続スリップを乗り越えて、無着地完登!!
凄すぎです。
写真にも、自信と余裕が滲み出てますよ〜。
次回は日曜サイクリングデビューですね (^_^)b
村稀 2011/08/08(Mon)13:51:51 編集
天候のおかげです。
村稀さん!こんばんわ!世の中には必ずいるんですね!私も少なからず経験してきました。中心になる方!それは村稀さんです。坂は頑張りましたが天候のおかげです。!またよろしくお願いします。達成感はすご~くありましたョ。怠け者の私は日曜デビューは調整がまだまだ必要です。
Dandino 2011/08/08(Mon)22:11:34 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[12/06 Cycle 86]
[12/03 kanaG]
[12/02 Cycle 86]
[12/02 ヒロ]
[12/02 Cycle 86]
[12/02 Cycle 86]
[12/02 Cycle 86]
[12/01 グレッグおかぽん]
チームマイナス6%
team-6
上のロゴマークは、メンバーのKajiwara氏による『チーム・マイナス6%委員会』との粘り強い折衝を通して、私たちの活動が地球環境に優しく、温暖化防止につながる活動であると認定され、使用を認められたものです。
カウンター
ブログ携帯版
忍者ブログ [PR]