忍者ブログ
木々の色に染まり風を切り疾走する快感!自転車を通して交遊を深め人生・健康を楽しみませんか?多くの皆さんの参加をお待ちしています。主役は貴方です! Team Cycle 86 is a group of cyclists who enjoy getting together and taking in the sights and fresh air while cycling. We have many members of all levels. Why not meet some great people and challenge yourself and join us on our tours?
[101]  [98]  [100]  [99]  [97]  [96]  [95]  [94]  [93]  [92]  [90
6月26日(日)

 梅雨に入ってからほとんど雨ですね・・。
今日も予報通り、濡れっぱなしのサイクリング。(もう、日曜日に濡れることに慣れてしまいましたが・・)

 飯盛山に登ると見せかけ(忍法 サイクル野郎だまし)日向峠を越えます。瑞梅寺ダムを目指し登っていきます。激坂の予感がすでに・・・。途中から、コンクリートに変わります、雨で濡れた路面でスリップしまくり、何回か立ちこけしそうになり、激坂区間は押して登るハメになりました。

 そしてなんとか、目的地の水無鍾乳洞に到着です。そこには、物凄く冷たい風のプレゼント(マルキョウの冷凍コーナー並みだと思われます。)水も冷たく美味しかった〜。

 帰りは、別のルートで戻ります。王丸うどんでの昼食は初体験。冷たいうどんと食べ放題のおかずたち。(食べ過ぎました・・)ここは、コスパが凄いです。680円でこの満足感、行かれたことがない方は、一度是非。(昼食おすすめ度Aランクです!)

 満腹になり、日向峠を越えて帰路へ。村稀さん、yamamenさん、楽しいサイクリングありがとうございました。

   (by スマイリー)

 いや~あの激坂には恐れおののきました。心が折れそうになること3回。なんとか前を走る村稀さんのお陰で頑張れました。しか~~~し、また行きたいとは思いませんね~(笑)。

 もし行くならば、路面がドライな時にしましょう。ただ、水無鍾乳洞の冷気の気持ちが良い事・・・・
ほんと天然のクーラーですネ。


 夏の暑いときに、あそこで流しそうめん&BBQがしたいッス。


   (by yamamen)


 いやはや何とも、結構な激坂でございました。しか〜〜し、坂でした(^^)

 今回またまた延期した釈迦岳、あれは坂ではありません。自転車で上る坂ではない。7月第2週の釈迦岳をお楽しみに!(私は最後の坂はパスです)

 で、水無鍾乳洞、今度は逆走してみませんか?どちらのコースが厳しいのか?鍾乳洞前に、王丸うどんの支店ができれば最高ですが、、、。
 それにしても、鍾乳洞前に立った時に感じたもの、あれは一体何?
 冷気か?はたまた霊気か?そら〜、両方合わせた寒気に決まっとる f(^ー^;

 激坂を制覇し、旨いうどんを食べ、季節にふさわしく雨に濡れ、最高のサイクリングでした!皆さん、お疲れでした。来週また走りましょう!


   (by 村稀)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
やられちゃった!
風が強い中、あすこを登りきるなんて!
しかも、鐘乳洞まで行ってしまって。
それにしても、レポ早すぎ!!
グレッグおかぽん 2011/06/26(Sun)23:30:58 編集
すべらないテクは?
雨で濡れ、枯葉だらけの激坂をお二人は完走されました。(拍手!!)私は、後輪のコントロールがうまくできずに断念し、ちょっと悔しいです!
たち漕ぎで、ゆっくりトルクをかけてるつもりでしたがすべりまくりでした。(FR車の宿命?か)マジ恐かったです。晴れた日に、再チャレンジせねば・・。
スマイリー 2011/06/27(Mon)07:46:03 編集
やっちゃいました f(^ー^;
日向越えだけで、水無直行だから楽だったと思います。
初めから水無制覇だけが目的。日向は脚力温存に努めました。

坂が楽になった後のT字路、あそこから5分程度で鍾乳洞。
雨模様だったせいもあるかも知れませんが、森の緑、
水の清らかさ、そして、鍾乳洞の冷気!

なかなかでした。グレッグさん、スマイリーさん!
是非、再挑戦しましょう!
村稀 2011/06/27(Mon)08:59:54 編集
滑らないダンシング
いろいろ調べてみました。
1.ペダルを円を描くようにゆっくりまわす。
2.あまり前傾せずに後輪に加重する。
こちらのサイトはダンシングの方法もいろいろかいてありますヨ。参考にされてみてください。
http://neroangeli.blog81.fc2.com/blog-entry-497.html

とはいえ、あの濡れた激坂を滑らず登る村稀さんのペダリング&加重のかけかたを伝授してもらうのが一番だと思いますよ~。
それとも、コンチネンタルグランプリ4000sが濡れた路面には良いのかも・・・・・?。
yamamen 2011/06/27(Mon)18:39:49 編集
納得です。
yamamenさんへ
ためになるサイトのご紹介ありがとうございます!読んで納得できました、ペダリングテクに改善の余地が大いにありそうです。どんな路面コンディションにも対応できるようにもっともっと精進していかなくてはいけませんね。
スマイリー 2011/06/27(Mon)20:05:00 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[09/13 Cycle 86]
[09/12 kanaG]
[09/09 Cycle 86]
[09/09 トミ]
[08/19 Cycle 86]
[08/19 Piccolino]
[08/04 Cycle 86]
[08/03 Piccoliino]
チームマイナス6%
team-6
上のロゴマークは、メンバーのKajiwara氏による『チーム・マイナス6%委員会』との粘り強い折衝を通して、私たちの活動が地球環境に優しく、温暖化防止につながる活動であると認定され、使用を認められたものです。
カウンター
ブログ携帯版
忍者ブログ [PR]