忍者ブログ
木々の色に染まり風を切り疾走する快感!自転車を通して交遊を深め人生・健康を楽しみませんか?多くの皆さんの参加をお待ちしています。主役は貴方です! Team Cycle 86 is a group of cyclists who enjoy getting together and taking in the sights and fresh air while cycling. We have many members of all levels. Why not meet some great people and challenge yourself and join us on our tours?
[100]  [99]  [97]  [96]  [95]  [94]  [93]  [92]  [90]  [91]  [81
 6月18日(土)

 雨中サイクリングお疲れ様でした。

 コースの途中にあった小川内の杉ですが、僕はこれまで20年以上素通りしてまして、今日、初めてその存在に気がつきました。700年の歴史を感じました。しかし、近いうちにその杉がダム湖の中に沈むと思うと、悲しくなりました。沈む前に、出来るだけ沢山訪れ、その素晴らしい景色を目に焼き付けておきたいと思います。

    

 それにしても、村稀さんは「昨日、大濠公園6周ジョギングしとるけん、疲れが残っとるバイ!」とか言ってましたが、華麗な走り、グリーンピア那珂川の準激坂を駆け上がるスピードにはビックリしました。まだまだ、僕も修行が足りません。

 そして、エロビスさんのダンシング(音で表現すると【キュン、キュン、それともシュン、シュン】?)を後ろからタップリ堪能させて頂きました。(前に行くのは不可能です。)やっぱり軽いですね~~〜~僕の憧れです。(気持ち悪!)

 これからも、よろしくお願いしますね!
 (by グレッグおかぽん)

 チャレンジするのは気持ち良いですね〜。今日は路面が濡れていたので、と言うか雨が降っていたので、激坂はすべてパスの予定だったのに、、、。全部挑戦してしまいましたf(^ー^; 若者パワーに刺激されたかな(^^)

 そして、初めてのコースを走るのも楽しいですね。心が躍る感じです。若いお二方にはかなわないけれど、そして、雨でずぶ濡れになったけれど、心から楽しいと言えるツーリングでした。

 そうそう、団子三種も美味しかったですね。三人揃って、最初におはぎを取ったのが面白くて、内心笑っておりました。
 しか〜し、最高傑作は『フィールド・オブ・ドㇼームズ』撮影現場かな。

 次回の飯盛山チャレンジを楽しみにしています。
  (by 村稀)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
そこに・・激坂が・・あるかぎり・・・
(”にしきのあきら”調で・・)古っ!
やはり、僕の尊敬するローディーの方々です。
激坂への想い、走り、凄すぎです。
僕は、激坂ハンターの獲物を、後から少しだけおすそ分けさせてもらいます。

それにしても早く梅雨明けしないですかね~。
スマイリー 2011/06/20(Mon)07:18:41 編集
水も滴る
本降りの中のあの集団!世の中いろいろ好き者がいますね。
しかし、雨の中を走るやつに悪い人間はいない。
曰く、『雨も滴るいい男』
関係ないか f(^ー^;

連日の坂上がりで、鉄棒の逆上がりを思い出しました。苦手だった〜。
これまた、関係なし、、。

それにしてもこの天気、釈迦岳は厳しいかな〜〜 (v_v)
村稀 2011/06/20(Mon)12:32:07 編集
先日はお世話になりました
昨日もほぼ同様のコースを走られたようで驚いております(^_^;)

先生も激坂に目覚めて…きましたか?(笑)
まだまだ戦いは続きます、これからも戦友として、お付き合いください(^^)/

最後の強敵、大根地山を倒すその日まで・・・
エロビス 2011/06/20(Mon)22:14:54 編集
開いた口が・・・・
凄いっす。
二日連続で同じコースを走ってる!!
しかも、新しい開拓もやってる(驚)!
村稀さんの、その視点、勉強になります。
グレッグおかぽん 2011/06/20(Mon)22:44:39 編集
大根地!
激坂一等兵の私には、激坂将軍との付き合いは、、。
しか〜し、やめられない、とまらない!激坂ハンティング。
やっぱ思います。
できるかできないかわからないことに挑戦することこそ、
苦っ楽しい〜〜!
しか〜〜し、大根地山に挑戦するには、
私の身体の大ネジが弛みすぎているような、、、、。
村稀 2011/06/21(Tue)09:30:30 編集
グレッグおかぽんさん
私は、『激坂がそこにあるからだ』とは言いません (^^)
『ただ楽しいからだ』とでも答えましょう!
坂を坂とも思わない、そんな感覚が芽生えつつあるような、、。

今度は中之島公園の対岸地区を重点的に探訪しましょう!
平日サイクリング、ドシドシお申し出下さい (^。^)
村稀 2011/06/21(Tue)09:41:59 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[06/04 Cycle 86]
[06/04 uruman]
[05/13 Cycle 86]
[05/12 ロ-ドバイク初心者]
[04/11 Cycle 86]
[04/10 uruman]
[04/08 Cycle 86]
[04/08 グレッグおかぽん]
チームマイナス6%
team-6
上のロゴマークは、メンバーのKajiwara氏による『チーム・マイナス6%委員会』との粘り強い折衝を通して、私たちの活動が地球環境に優しく、温暖化防止につながる活動であると認定され、使用を認められたものです。
カウンター
ブログ携帯版
忍者ブログ [PR]