忍者ブログ
木々の色に染まり風を切り疾走する快感!自転車を通して交遊を深め人生・健康を楽しみませんか?多くの皆さんの参加をお待ちしています。主役は貴方です! Team Cycle 86 is a group of cyclists who enjoy getting together and taking in the sights and fresh air while cycling. We have many members of all levels. Why not meet some great people and challenge yourself and join us on our tours?
[91]  [81]  [89]  [88]  [87]  [85]  [86]  [83]  [82]  [84]  [74
5月8日(日)

 ゴールデン・ウィーク掉尾のサイクリング。参加メンバーは村稀さん・まっこちさん・レポータのイケの3人。

 春日市・春日公園から「いつもの裏道」を通って太宰府市内の国道3号線へ。幹線国道の走行は、自転車を考えてくれないトラック・車、頻繁に引っかかる信号に辟易とします、まあ朝はこれらの苦痛も少なめです。


 太宰府市・南東端の「高雄交差点」からのルートが素晴らしい。 多数の車・トラックが行き交う国道386号線を避け、旧街道(であったと思われる道)を進みます。道路は我々の独占状態。聞こえるのは鳥のさえずりとラチェット音だけ。(本来は避けるべき)3列併走も可能。話をしながら進み、ときおり足を止め、花を愛で・水面に反射する風景を眺めます。

 旧・三輪町の大己貴神社(おおなむち)は日本で一番古い神社であるとの説もあります。この神社と対面する歴史の里公園で小休止。その後、小石原川を渡り、このまま秋月か?と思いきや、上秋月を素通りし、徐々に山深い方向へ向かいます。「もうすぐ、安くて・おいしいコーヒーが飲めるから」と。

 おいしいコーヒーは、秋月カントリークラブ北東にひろがる「美奈宜の杜」のコミュニティーセンタにありました。(a)100円で好みのコーヒー豆を購入、(b)ミルで粉砕、(c)1杯ずつドリップ。多少面倒ではありますが、挽きたて・淹れたてが飲める素晴らしいシステムです。都会では、清潔維持などの困難が予想され、「善人の街」ならではの自販システムだと思いました。羨ましいことです。
 寺内ダムに流入する「佐田川」に沿って約10km遡上すると、「たかき清流館」に到着します。平成12年に廃校となった旧佐田小学校を活用した施設で「たかき」はこの一帯の地名。最寄りのバス停は甘木観光バス「地下」。おそらく「ジゲ」と読むのでしょうね。ちょうど、九大コールアカデミー部員60名余りが2泊3日の研修中でした。コーラス練習をちょっとだけ、漏れ聞くことができました。上手だったか?、私には判断できませんでした。

    

 昼食開始30分前に到着。かなり暑かったので、目前の川に飛び込もうか?、などと話しておりましたが、とんでもない。川の水はたいへん冷とうございました。人気の山菜ランチバイキングは第1日曜日のみ。しかし、通常の6品ランチで十分な量・おいしさでした。猪肉の料理もあるそうです。食堂は60人の(むさ苦しい)九大生であふれ、我々は片隅で小さくなっ
て食事を終えました。リーダーは、「江川ダム~秋月回遊」を考えておられたようですが、私の足を勘案され、「寺内ダム渇水視察」に方針転換されたのはまことに御明察でありました。(^_^;


 寺内ダムに行けば「渇水を視認し、節水の意識が高まる」つもりでおりました。東側に広がるダム湖は「美奈宜湖」と言うそうです、良い名称ですが、地元の人以外は知らないでしょうね。ダム施設の表示によると貯水率 50.9%、もっともっと低いと思っていた私は不謹慎にも拍子抜けしました。

  

 その後、ダム下流側に下山し、国道386号線を経由、筑前町の往路に復帰。

 知る人ぞしる、太宰府「ケーキのケンプ」へ寄り道。市価のほぼ半額というコストパフォーマンスの高さ。残念ながら座るところがなかったので、3人(不本意なが
          らも)「ケーキを立ち食い」しました。

 走行距離105km。繰り返し走りたいと思えるルートでした。村稀さん、まっこちさん、ありがとうございました。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
合流場所に遅刻し、お二人を待たせてしまって、どうもすいません(汗)。前日に盛り上がったんで、ゆったりポタリングが、心地良かったですね。しっかしレポ完璧ですね、読んでて思い出しました(恥)・・・。来週もよろしくお願いします(笑)。
まっこち 2011/05/10(Tue)13:16:30 編集
格調が、、、
本当に完璧なレポですね。
目の付け所が違います。ぼんやり走っている自分にはとても。
文に格調があり、思わず笑わせられるところもいいですね。

それにしても、人によって受け止め方が違うものですね。
寺内ダムの水位の低さに、私は驚きました。
湖底の一部が姿を現し、釣り人が糸を垂れているのも驚きでした。

来週は、プロバンスの丘!楽しみですね〜!
村稀 2011/05/11(Wed)15:24:29 編集
訂正
まっこちさん・村稀さん、「こそばゆい」です。(^_^;
ルート記録のため、GPS ナビ機が欲しくなりました。

訂正があります。
清流館付近のバス停名は「ジゲ」でなく「ヂゲ」と思われます。
ケーキ屋ケンプの住所は「太宰府市」でなく「筑紫野市」でした。
イケ 2011/05/11(Wed)22:54:45 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
[04/11 Cycle 86]
[04/10 uruman]
[04/08 Cycle 86]
[04/08 グレッグおかぽん]
[04/07 Piccolino]
[03/06 Cycle 86]
[03/06 maple]
[02/27 Cycle 86]
チームマイナス6%
team-6
上のロゴマークは、メンバーのKajiwara氏による『チーム・マイナス6%委員会』との粘り強い折衝を通して、私たちの活動が地球環境に優しく、温暖化防止につながる活動であると認定され、使用を認められたものです。
カウンター
ブログ携帯版
忍者ブログ [PR]