忍者ブログ
木々の色に染まり風を切り疾走する快感!自転車を通して交遊を深め人生・健康を楽しみませんか?多くの皆さんの参加をお待ちしています。主役は貴方です! Team Cycle 86 is a group of cyclists who enjoy getting together and taking in the sights and fresh air while cycling. We have many members of all levels. Why not meet some great people and challenge yourself and join us on our tours?
[142]  [141]  [140]  [139]  [138]  [137]  [136]  [135]  [134]  [133]  [132
 ほんとは由布岳に行きたかったんですが、道路状況と天気で井原山へ。
キトク橋からアンノ滝、瑞梅寺川源流を経由して山頂へ。


 思っていたより雪が少なかったですが、山頂から水無鍾乳洞へ向かうルートはそこそこ雪もあって童心に返れます(笑)。

 昼食はまっこちさんが準備してくれた釜揚げうどん。 ダシにくぐらせ食べれば最高!!。 いや~旨かった。どうもご馳走様でした~。
 水無鍾乳洞あたりでは、表面が凍った沢の見事な景色を堪能でき。
 よく、こんな激坂を自転車で登ったな~という林道を下って快適登山の終了!!。 山登り楽しいですね~。来週も山か?(笑)。

では、今週末、樹氷が見れるよう飲みすぎないようお気をつけを(笑)。
   (by yamamen)

 今日は、まっこち号に乗車して出発進行〜。
 9時半くらいに登山口へ、最初から結構な勾配でした・・、アンノ滝で撮影タイム。

 瑞梅寺川の“源流”を経由、縦走路にでると少し楽に。程なく、山頂へ。
 寒いのでアイゼンを装着し、昼食会場の“楽園”へ。まっこちさん特製「釜揚げうどん」美味しゅうございました。Yamamen さん特製「モモとズリの炭火焼」これまた美味しゅうございました。シメにカップ麺を食べて補給完了。

 さぁ、帰ります。沢が見事に凍ってまして、素晴らしい光景が・・。


 水無鍾乳洞を経由して、3時半過ぎに駐車場に到着です。
 2週続けての登山三昧、う〜ん、どんどん「山」の魅力にはまっているようで・・。俺って、こんなに“雪”が好きだったのか!って思います。来週のツアーも天候がよければ・・、○○○へ行きますか〜、いや、行って欲しい・・。

   (by スマイリー)

2月5日 くもり一時雪(小雨)。
Cycle 86登山部 雪山遊び隊 Yamamen隊長率いる隊員(村稀さん、スマイリーさん、マッコチ)が、今回向かった雪山は井原山です。

 瑞梅寺、井原山登山口〜ダルメキ谷コース(アンノ滝経由)。

 自然が創るアートに感動し、たっぷりと楽しみました。

  来週はどうなるのか・・・

 この際、どっぷりつかちゃいますか、雪山に(笑)。
   (by まっこち)

 yamamenさんのブログはこちら

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
苦渋の比較!
前回の会員レポートの写真が常に頭にありました。
冬山の理想型として!
久住経験組の皆さんは、それなりの冬景色として楽しんだようです。
しかし、私は目の前の景色を記事の写真と比較しながら見ていました。
当然テンションは今ひとつ上がりません。

しか〜〜し、楽園での昼食は文句なし!最高の贅沢を味わいました。
重い荷物を運んでのもてなしに感謝!
本当にありがとうございました。
また来週も雪山を目指しましょ〜〜〜う??
村稀 2012/02/06(Mon)21:55:06 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 21 22 23
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[06/04 Cycle 86]
[06/04 uruman]
[05/13 Cycle 86]
[05/12 ロ-ドバイク初心者]
[04/11 Cycle 86]
[04/10 uruman]
[04/08 Cycle 86]
[04/08 グレッグおかぽん]
チームマイナス6%
team-6
上のロゴマークは、メンバーのKajiwara氏による『チーム・マイナス6%委員会』との粘り強い折衝を通して、私たちの活動が地球環境に優しく、温暖化防止につながる活動であると認定され、使用を認められたものです。
カウンター
ブログ携帯版
忍者ブログ [PR]